2010年06月12日

コニファーの剪定

ぴかぴか(新しい)こんにちは、お庭やケンです。
梅雨が近づいてきました。
剪定、お庭のお手入れの時期のひとつの目安になります。

先週、コニファーの剪定をさせていただきました。
コニファーとは、針葉樹の総称です。大体栽培されているのが、
日本の緯度よりたかいところ、つまり寒い地方の植物なので、暑さは、得意でわないようです。
剪定の適期は年末から新芽がでる3月くらいが良いのですが、梅雨に入る前なら葉も焼けにくいので剪定できます。

今回は、大きくなりすぎてバランスが悪くなってしまったものを伐根し、葉張りを小さくする剪定をしました。
P6020026.jpg
剪定前です。
P6020030.jpg
手前の2本を伐根し真ん中のブルーアイスを剪定しました。
P6020065.jpg
できるだけ、葉張りを小さくするように剪定しました。1階の軒より背が小さくなっていますよね。

今回剪定させていただいたコニファーは10年ほど前、1mほどのものを植えられたそうです。系統はコロラドビャクシンです、品種名はたぶんスカイロケットだと思われます。
葉張りが大きくならないと思われている方が多いようですが、かなり大きくなります。植栽される方は注意してください。
植えてから3年目くらいから急激に大きくなるので。剪定をこまめにやっていくのが寿命を伸ばすポイントです。
あと、根回しをするとある程度の大きさを保つことができます。

葉先を傷めないように心がけ剪定しました。勘所はお問い合わせいただければ、ご説明しますのでお気軽にお電話ください。

丁寧に作業させてもらい大体お庭やケンの1日の作業量になります。
P6020066.jpg
切り枝は、軽トラ半分くらいです。

来年また新芽が吹いたら整えていきます。
均一な樹形はコニファーの魅力のひとつ、まめに手をかけたいものです手(パー)

posted by いりもと at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭のお手入れ(剪定など)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38885383

この記事へのトラックバック